プラセンタ

最新のプラセンタ特集

更年期障害とプラセンタの効果・効能

プラセンタ体験談情報

更年期障害をプラセンタの効果・効能で改善しませんか。閉経前後の女性ホルモンの減少で自律神経のバランスが崩れると、のぼせ・ほてり・発汗他いろいろな症状が現れます。プラセンタを症状改善に役立てている女性が増えています。

更年期障害に、プラセンタの効果・効能を活用すると気になる症状を改善できます。

更年期とは閉経をはさんだ、前後5年期間程度です。
月経が止まる前後の10年期間程が更年期になります。

閉経の年齢は人により異なります。
30歳代で閉経する人もいれば、50歳代後半まで月経がある人もいます。
30歳代後半からの不調は、女性ホルモンのエストロゲンの減少かもしれません。
更年期障害のことが気になったら、プラセンタの効果・効能を試しませんか。

次に、更年期障害の症状とプラセンタの効果・効能について紹介します。

1)精神症状には、頭痛・頭重・入眠障害・浅眠・早朝の覚醒・疲労感・倦怠感・不安感・緊張感・イライラ感・うつ、などの症状があります。

病院で更年期障害と診断されたら、プラセンタの効果・効能を試してみませんか。

2)身体症状には、
・のぼせ・ほてり・めまい・ふらつき
・発汗・ドキドキ・息切れ・冷え性
・食欲不振・腹部膨満感・下痢・便秘
・首の懲り・肩の凝り・関節痛・腰痛
・頻尿・眼精疲労、などの症状があります。

更年期障害かなーと感じる女性は、プラセンタの効果・効能を試してください。

更年期障害は、卵巣機能の低下が原因です。
卵巣機能の低下により女性ホルモンのエストロゲンが激減します。

女性ホルモンのエストロゲンの減少によって、自律神経のバランスが崩れます。
自律神経のバランスが崩れることで、のぼせ・ほてり・めまい・発汗などの症状がでます。
のぼせ・ほてり・めまい・発汗などは、体のコントロール機能が低下して血管の収縮や拡張が極端になることが原因ですね。

プラセンタには若返りの効果・効能があります。
それは、各種アミノ酸・ビタミン類・アミノ酸類に加え、各種の細胞増殖因子を豊富に含んでいるからです。

細胞増殖因子は成長因子とも呼ばれています。
細胞の新陳代謝・血行促進・免疫力アップ・自己治癒力のアップなどの働きがあります。
成長因子には、ホルモンバランスを正常化させる働きもあります。
その為、女性ホルモンのエストロゲンの減少から起こる更年期障害なども、プラセンタの効果・効能が役立ちます。

30歳代後半から50歳代後半の女性で、毎日の不調は更年期障害かもしれませんね。
症状を改善するプラセンタの効果・効能を利用して、毎日を元気に過ごしませんか。

HOME
サーカス見たくて開設